【海外FX】海外口座の開き方【ほぼ全社共通】海外FX口座の作り方

海外FX口座開設方法|FX海外口座の作り方・開き方海外FXの基礎知識

FXの海外口座の開き方、海外FX口座の作り方をまとめました。

海外FX口座を開設する際に必要な物、ほぼ全社で使える共通ルールについて記載しています。

『海外FX口座を開設したことがない』という方に読んでいただきたい記事です。

 

 

海外FX口座|開設の流れ

海外FX|口座開設の流れ

 

標準的な海外FX口座の開設の流れは、以下の通りです。

 

海外FX口座開設手順
①公式サイトにて『メールアドレス/パスワード』を登録
②マイページにログイン
③本人確認書類のアップロード、必読情報の入力
④本人確認書類が承認されれば完了

 

業者によっては、①のアカウント登録の段階で『住所、投資経験』などの必要情報の入力が求められる業者もあります。

 

マイページにログインする際のIDは、多くの業者で『登録したメールアドレス』ですが、XMはMT4/MT5の口座番号です。

 

 

海外FX口座|開設時の入力情報

海外FX|口座開設時の入力情報

 

入力するタイミングは業者によって異なりますが、入力を求められる情報は『名前、住所、電話番号等の個人情報』『投資経験の有無、資産状況など投資に関する質問』の2種類です。

 

個人情報の入力

日本語での入力が可能な業者もありますが、原則としてアルファベット入力です。

メールアドレスの登録は、日本の携帯電話会社のドメインのメールアドレスは使用不可の業者があります。

PC用のメールアドレス(@gmail.com など)であれば、全社で使用可能です。

 

電話番号の登録は、国際表記で行います。

日本の国番号は『+81』です。

国内用の電話番号を国内表記に変換する際は【最初の『0』を『+81』に変換】すればOKです。

「080-1234-5678」を国際表記に変換すると「+818012345678」になります。

原則として『-(ハイフン)』は入力する必要ありません。

 

住所の登録も国際表記で行います。

最も入力に迷われる方が多い箇所です。

日本の表記とは順番が逆になります。

 

(例)東京都新宿区サンプル町1-2-3 〇〇マンション101の場合
101,1-2-3, Sample-Cho, Shinjuku-Ku, Tokyo

 

建物名は省略してOKです。

郵便番号は『-(ハイフン)』は入力する必要ありません。

 

なお、『住所 英語表記』で検索すれば、英語表記に変換してくれる便利なサイトもあります。

記載に迷った場合は、利用しましょう。

 

 

投資経験の入力

投資経験、資産情報の確認に関しては、多くの業者で『プルダウン選択』です。

正直にプルダウン選択すれば問題ありません。

「投資経験無し」でも口座開設が拒否されることは、原則としてありません。

 

 

 

海外FX口座|開設時に必要な書類

海外FX|口座開設に必要な書類

 

海外FX口座の開設時に必要な書類は、少ない業者で2種類、多い業者で3種類です。

 

必要書類
①顔写真付き本人確認書類
②住所証明書
③セルフィー(業者による)

 

①の例としては、運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなどです。

②の例としては、公共料金領収書、クレジットカードの明細書、住民票などです。

多くの業者で、発行日から3ヵ月以内の書類に限られます。

一部の業者では6ヵ月以内の書類でもOKとなっています。

 

①、②の書類に関して、有効書類か、無効書類かは、公式サイト上に記載があります。

それでも迷う場合は、各社の公式サポートに問い合わせをして確認しましょう。

 

③のセルフィー画像は、身分証明証と本人が一緒に写っている写真です。

セルフィー画像の例
↑GemForex公式サイトよりセルフィー画像の例

 

書類をアップロード後、書類に問題がなければ平均で1営業日後に承認され、口座開設が完了します。

承認時は、メールにて【MT4/MT5のサーバー名とID(口座番号),MT4/MT5にログインする為のパスワード】が通知されます。

メール内の情報でMT4/MT5にログインしましょう。

既にトレードが可能な状態になっています。

 

書類に不備があった場合、再アップロードが求められることがあります。

不承認の主な理由は、画像不鮮明、書類の有効期限切れ、無効書類などです。

メール内の指示に従って、書類を再アップロードしましょう。

 

 

 

海外FX口座|開設方法まとめ

海外FX|口座開設方法・まとめ

 

海外FXの口座開設は、初めて作る際は数十分かかるかもしれませんが、慣れてしまえば所要時間は5分程度です。

国内FX業者は、書類アップロード後、簡易書留の受け取りなどが発生しますが、海外FXには郵便の受け取りは発生しません。

 

本記事では、『標準的な海外FX口座開設の流れ』と『必要書類』について記載しました。

ほぼ全社で使える共通ルールを記載していますが、記事内容とは異なるルールの業者もあります。

不明点、疑問点は、各社の公式サポートに問い合わせ、確認しましょう。

ほぼ全社でメールでの問い合わせが日本語で可能です。

 

サポートの品質、対応力を、自分の目で確認できます。

『海外のサービス』だからと、過度に怖がったり、不安がったりする必要はありません。

疑問点は、サポートを頼り、解消した上で利用しましょう。

 

日本人の口座開設者数が最も多いのは『XM』という海外FX業者、2位は『GemForex』という海外FX業者です。

1位のXMは、アカウント登録時点で投資経験等の情報入力が求めらたり、マイページにログインする際のIDがMT4/MT5の口座番号である点が特殊です。

XMの評判/安全性【利用前の必読情報まとめ】エックスエムの評価
日本語対応している海外FX業者の中で、最も日本人に利用されている海外FX業者である『XM Trading(以下XM)』の評判、安全性、評価についてまとめました。 XMの評判・安全性・総合評価を総まとめ XMは、2...

 

2位のGemForexは、XMよりも入力する情報が少なく、他の海外FX業者と同様の部分が多く、スタンダードな流れです。

ただし、セルフィー画像の提出が求められます。

GemForexの評判/安全性【利用前の必読情報まとめ】ゲムフォレックスの評価
豪華なボーナスが支持され、XMに次いで2位の人気を得ている海外FX業者『GemForex(ゲムフォレックス)』の評判、安全性、評価についてまとめました。 GemForex(ゲムフォレックス)の評判・安全性・総合評価を総まとめ ...

 

XMは口座開設ボーナス3,000円、GemForexは口座開設ボーナス1万円or2万円(時期によって変わる)を付与するサービスを行っています。

2社共にサポートの品質は高いです。

『初めての海外FX口座の開設』は、不安な点もあると思いますが、上記2社から『海外FX』というサービスを試してみるのがお勧めです。

 

 

 

 

完全無料のオリジナルコンテンツ
海外FX安全ガイドが作成/海外FX攻略ガイド

当サイト(海外FX安全ガイド)が独自作成
海外FX攻略ガイド
 
完全無料のオリジナルコンテンツ
海外FXビギナーの必読情報が盛り沢山
海外FXで勝つ為の必須知識
効率良く最短ルートで勝つ為の必読情報
海外FXを攻略する為の指南書