Exnessはスキャルピングに最適【他社比較で際立つエクスネスの優位性】

Exness/スキャルピングExness

・Exnessでスキャルピングってどうなの?
・Exnessでスキャルピングはあり?
・Exnessでスキャルピングは勝てる?

このような疑問をお持ちの方、Exnessでのスキャルピングトレードを検討中の方に読んでいただきたい記事です。

 

この記事の結論
①Exnessのスプレッドは、主要海外FX業者の中で一番狭い
②Exnessは、一切の取引制限がない
③Exnessは、他社よりも優位性のある部分が多い
⇒Exnessはスキャルピングに最適な海外FX業者

 

 

スキャルピングにおいて、最重要項目である取引コストについて、XM,AXIORY,TitanFXと徹底的に比較しています。

Exnessの約定力、約定方式についてもまとめています。

口座タイプによって約定方式が異なり、他社と比較すると癖のある約定方式なので、利用前に確認しておいた方がストレスなくExnessを使えます。

 

 

Exnessでスキャルピング|取引コストを他社比較

スキャルピングの為の業者選びにおいて、最重要なのは【取引コスト】です。

収支に密接に、かつ直接的に影響します。

基本的にはスキャルピングトレーダーにとって、スプレッドは狭ければ狭いほど良いです。

 

Exnessの最大の長所は【スプレッドが狭いこと】です。

この項では、他社と比較し、いかにExnessのスプレッドが狭いか、を徹底検証しています。

 

 

XMと比較

ExnessとXMの取引コストを比較

 

最も日本人トレーダーに利用されているXMと取引コストを比較しました。

 

STP方式で比較

ExnessにはSTP方式の口座として『スタンダード口座』と『プロ口座』があります。

同じくSTP方式の口座である『XMのスタンダード口座』と比較しました。

 

以下の表は、『スタンダード口座』同士の比較です。

 

銘柄Exness
スタンダード口座
XM
スタンダード口座
スプレッド差
USD/JPY1.1pips1.6pips0.5
EUR/USD1.0pips1.7pips0.2
EUR/JPY1.9pips2.3pips0.4
GBP/USD1.5pips2.2pips0.6
GBP/JPY2.0pips3.6pips1.6
AUD/USD1.5pips1.8pips0.3
AUD/JPY2.1pips3.3pips1.2
NZD/USD2.0pips2.7pips0.7
NZD/JPY2.9pips3.0pips0.1
USD/CAD2.2pips2.2pips0
CAD/JPY2.4pips3.4pips1.0
USD/CHF1.5pips1.9pips0.4
CHF/JPY1.7pips3.3pips1.6
EUR/GBP1.6pips2.0pips0.4
EUR/AUD2.3pips3.0pips0.7

 

スタンダード口座同士の比較では、[USD/CAD]以外の通貨ペアでExnessのスタンダード口座の方が狭いスプレッドです。

1pips以上の乖離がある通貨ペアもあります。

スタンダード口座同士の比較では、Exnessの方がスプレッドが狭いです。

 

続いて、プロ口座と比較しました。

 

銘柄Exness
プロ口座
XM
スタンダード口座
スプレッド差
USD/JPY0.7pips1.6pips0.9
EUR/USD0.6pips1.7pips1.1
EUR/JPY1.2pips2.3pips1.1
GBP/USD0.9pips2.2pips1.3
GBP/JPY1.3pips3.6pips2.3
AUD/USD0.9pips1.8pips0.9
AUD/JPY1.3pips3.3pips2.0
NZD/USD1.2pips2.7pips1.5
NZD/JPY1.8pips3.0pips1.2
USD/CAD 1.4pips2.2pips0.8
CAD/JPY 1.5pips3.4pips1.9
USD/CHF0.9pips1.9pips1.0
CHF/JPY 1.1pips3.3pips2.1
EUR/GBP 1.0pips2.0pips1.0
EUR/AUD1.4 pips3.0pips1.6

 

1pips以上の差がある通貨ペアが多く、[GBP/JPY]では2.3pipsもの開きがあります。

全ての通貨ペアにおいて、Exnessのプロ口座の方がスプレッドが狭く、平均すると【1.38pips】Exnessのプロ口座の方が狭くなっています。

 

 

ECN方式で比較

XMには、ECN方式の口座として『XM Trading Zero口座(以下ゼロ口座)』があります。

Exnessには、ECN方式の口座と近似した取引コスト体系の【スプレッド+手数料】の口座として『ロースプレッド口座『ゼロ口座』あります。

なお、厳密にはECN口座ではなく、ECN方式と同様のコスト体系のSTP方式の口座です。

 

取引コストが『スプレッド+手数料』の3つの口座の取引コストを比較しました。

Exnessのロースプレッド口座の手数料は【1ロットあたり最大7ドル】、ゼロ口座は【1ロットあたり7ドル以上】、XMのゼロ口座は【1ロットあたり10ドル固定】です。

1ドル=0.1pipsとして、合算した概算値も記載しました。

また、最も取引コストの安い口座を太字にしています。

 

銘柄Exness
ロープレッド口座
Exness
ゼロ口座
XM
ゼロ口座
USD/JPY0+7ドル0+7ドル0.1pips+10ドル
0.7pips0.7pips1.1pips
EUR/USD0+7ドル0+7ドル0.1pips+10ドル
0.7pips0.7pips1.1pips
EUR/JPY0.4pips+7ドル0.1pips+10ドル0.4pips+10ドル
1.1pips1.1pips1.4pips
GBP/USD0.2pips+7ドル0.1pips+9ドル0.3pips+10ドル
0.9pips1.0pips1.3pips
GBP/JPY0.5pips+7ドル0+15ドル1.2pips+10ドル
1.2pips1.5pips2.2pips
AUD/USD0.3pips+7ドル0+10ドル 0.4pips+10ドル
 1.0pips1.0pips1.4pips
AUD/JPY0.5pips+7ドル0.3pips+9ドル 1.2pips+10ドル
 1.2pips1.2pips2.2pips
NZD/USD0.5pips+7ドル0+13ドル 1.0pips+10ドル
 1.2pips1.3pips2.0pips
NZD/JPY0.9pips+7ドル0.1pips+15ドル 2.0pips+10ドル
 1.6pips1.6pips3.0pips
USD/CAD0.5pips+7ドル0.1pips+10ドル0.5pips+10ドル
1.2pips1.1pips1.5pips
CAD/JPY0.7pips+7ドル0.3pips+10ドル 1.4pips+10ドル
1.4pips1.3pips2.4pips
USD/CHF0.3pips+7ドル0.1pips+9ドル 0.4pips+10ドル
1.0pips1.0pips1.4pips
CHF/JPY0.4pips+7ドル0+10ドル 1.1pips+10ドル
1.1pips1.0pips2.1pips
EUR/GBP0.4pips+7ドル0+18ドル 0.3pips+10ドル
1.1pips1.8pips1.3pips
EUR/AUD0.5pips+7ドル0+11ドル0.9pips+10ドル
1.2pips1.1pips1.9 pips

 

XMのゼロ口座と比較しても、Exnessのロースプレッド口座、ゼロ口座の方が狭いです。

太字の数は、ロースプレッド口座が11、Exnessのゼロ口座が11、XMのゼロ口座は0となっています。

 

Exness公式サイト上で、全ての通貨ペア、全ての口座タイプのスプレッドが確認できます。

Exness公式サイト/スプレッド一覧へ

 

 

AXIORY,TitanFXと比較

ExnessとAXIORY,TitanFXの取引コストを比較

 

低スプレッドブローカーとして、日本人トレーダーに人気の高い『AXIORY』『TitanFX』と取引コストを比較しました。

 

STP方式で比較

AXIORYのSTP方式の口座は『スタンダード口座』、TitanFXのSTP方式の口座も『スタンダード口座』という名称です。

Exnessの『スタンダード口座』『プロ口座』とスプレッドを比較し、一覧表にまとめました。

 

銘柄Exness
スタンダード口座
Exness
プロ口座
AXIORY
スタンダード口座
TitanFX
スタンダード口座
USD/JPY1.1pips0.7pips1.3pips1.33pips
EUR/USD1.5pips0.6pips1.2pips1.2pips
EUR/JPY1.9pips1.2pips1.3pips1.74pips
GBP/USD1.6pips0.9pips1.6pips1.57pips
GBP/JPY2.0pips1.3pips1.9pips2.45pips
AUD/USD1.5pips0.9pips1.5pips1.52pips
AUD/JPY2.1pips1.3pips1.8pips2.12pips
NZD/USD2.0pips1.2pips1.8pips1.86pips
NZD/JPY2.9pips1.8pips2.2pips2.62pips
USD/CAD2.2pips 1.4pips1.8pips1.55pips
CAD/JPY2.4pips 1.5pips1.8pips2.1pips
USD/CHF1.5pips0.9pips1.7pips1.92pips
CHF/JPY1.7pips 1.1pips1.9pips2.31pips
EUR/GBP1.6pips 1pips1.3pips1.53pips
EUR/AUD2.3pips1.4pips2.1pips2.75pips

 

Exnessのプロ口座が最も狭いスプレッドとなっています。

AXIORY、TitanFXのSTP方式の口座と比較しても、全ての通貨ペアにおいて、Exnessのプロ口座の方が狭いスプレッドです。

 

 

ECN方式で比較

取引コストが『スプレッド+手数料』の口座の取引コストを比較しました。

Exnessのロースプレッド口座の手数料は【1ロットあたり最大7ドル】、ゼロ口座は【1ロットあたり7ドル以上】、AXIORYののナノスプレッド口座は【1ロットあたり6ドル固定】、TitanFXのブレード口座は【1ロットあたり7ドル固定】です。

1ドル=0.1pipsとして、合算した概算値も記載しました。

XMとの比較と同様、最も取引コストの安い口座を太字にしています。

 

銘柄Exness
ロープレッド口座
Exness
ゼロ口座
AXIORY
ナノスプレッド口座
TitanFX
ブレード口座 
USD/JPY0+7ドル0+7ドル0.2pips+6ドル0.33pips+7ドル
0.7pips0.7pips0.8pips1.03pips
EUR/USD0+7ドル0+7ドル0.1pips+6ドル0.2pips+7ドル
0.7pips0.7pips0.7pips0.9pips
EUR/JPY0.4pips+7ドル0.1pips+10ドル0.3pips+6ドル0.74pips+7ドル
1.1pips1.1pips0.9pips1.44pips
GBP/USD0.2pips+7ドル0.1pips+9ドル0.4pips+6ドル0.57pips+7ドル
0.9pips1.0pips1.0pips1.27pips
GBP/JPY0.5pips+7ドル0+15ドル0.7pips+6ドル1.45pips+7ドル
1.2pips1.5pips1.3pips2.15pips
AUD/USD0.3pips+7ドル0+10ドル0.3pips+6ドル0.52pips+7ドル
 1.0pips1.0pips0.9pips1.22pips
AUD/JPY0.5pips+7ドル0.3pips+9ドル0.6pips+6ドル1.12pips+7ドル
1.2pips1.2pips1.2pips1.82pips
NZD/USD0.5pips+7ドル0+13ドル0.7pips+6ドル0.86pips+7ドル
1.2pips1.3pips1.3pips1.56pips
NZD/JPY0.9pips+7ドル0.1pips+15ドル 0.8pips+6ドル1.62 pips+7ドル
1.6pips1.6pips1.4pips 2.32pips
USD/CAD0.5pips+7ドル0.1pips+10ドル0.8pips+6ドル0.55 pips+7ドル
1.2pips1.1pips1.4pips1.25pips
CAD/JPY0.7pips+7ドル0.3pips+10ドル 1.7pips+6ドル1.1 pips+7ドル
 1.4pips1.3pips2.3pips1.8pips
USD/CHF0.3pips+7ドル0.1pips+9ドル 0.4pips+6ドル0.92 pips+7ドル
1.0pips1.0pips1.0pips1.62pips
CHF/JPY0.4pips+7ドル0+10ドル 0.5pips+6ドル1.31 pips+7ドル
1.1pips1.0pips1.1pips2.01pips
EUR/GBP0.4pips+7ドル0+18ドル 0.6pips+6ドル0.53 pips+7ドル
1.1pips1.8pips1.2pips1.23pips
EUR/AUD0.5pips+7ドル0+11ドル0.8pips+6ドル1.75 pips+7ドル
1.2pips1.1pips1.4pips2.45pips

 

太字の数は、ロースプレッド口座が8、ゼロ口口座が8、ナノスプレッド口座が6、ブレード口座が0となっています。

低スプレッドブローカーのAXIORY、TitanFXと比較しても、Exnessの取引コストの方が安いです。

Exness公式サイト/スプレッド一覧へ

 

 

Exnessはスキャルピングに制限なし

Exnessはスキャルピングに制限なし

 

Exnessでは【取引方法についての制限】というものが一切ありません。

NDD方式の業者であっても、超短期売買や、大ロットでのスキャルピングには制限がある業者もあります。

しかし、Exnessでは、超短期売買かつ大ロットでのスキャルピングも問題ありません。

 

Exnessの取引制限
↑Exness公式サイトより

 

公式サイト上では、NDD方式、STP方式という文言はありませんが、取引制限がないことから、NDD方式であることは明らかです。

Exness公式サイト

 

 

Exnessでスキャルピング|まとめ

Exnessでスキャルピング・まとめExnessの優位性

 

口座スペックが高い

Exnessは、ベースとなる口座スペックがレバレッジ2,000倍、ロスカット水準0%と、飛び抜けて優秀です。

 

ExnessXMAXIORYTitanFX
最大レバレッジ2,000倍888倍400倍500倍
ロスカット水準0%20%20%20%

 

レバレッジが高いことにより、保有可能ロット数は増え、拘束される証拠金は少なくて済みます。

ロスカット水準が低いことで、許容損失額が増えます。

 

他社と比較しても、Exnessの口座スペックによる優位性は明白です。

また、規定の条件を達成することで『レバレッジ無制限(数値上では21億倍)』も利用できます。

 

 

口座タイプ4種類から選択可能

Exnessには、『スタンダード口座』『プロ口座』『ロースプレッド口座』『ゼロ口座』の4種類から選択ができます。

 

スタンダード口座成行約定/変動スプレッド制
プロ口座即時約定/変動スプレッド制
ロースプレッド口座成行約定/スプレッド+手数料(1ロットあたり往復最大7ドル)
ゼロ口座成行約定/スプレッド+手数料(1ロットあたり往復7ドル以上)

 

 

総じて、約定力は高いです。

ただし、成行約定と即時約定には、以下のような違いがあります。

成行約定即時約定
リクオートが発生しないリクオートが発生する
約定が保証される約定は価格の可用性に依存する
スリッページが発生するスリッページの制御を行える

 

 

プロ口座は、約定方式の違いによりリクオートが発生することがあります。

しかし、スリッページが発生しにくく【許容スリッページを指定して発注】することもできます。

スタンダード口座、ロースプレッド口座、ゼロ口座では、リクオートは発生しません。

 

ロースプレッド口座、ゼロ口座は、取引コスト体系がプロ口座と異なります。

ロースプレッド口座は、プロ口座よりも変動スプレッドの影響を受けにくい、
ゼロ口座は、取引量の多い30種類の通貨ペアで実質固定スプレッドにできる、
というメリットがあります。

 

取引コストの安い[プロ、ロースプレッド、ゼロ口座]の中から、より自分のトレードスタイル、好みに合った口座タイプを選択できます。

利用ハードルの低いスタンダード口座からExnessを試すこともできます。

 

 

通貨ペアの数が多い

Exnessは、海外FX業者の中でも、最も多い通貨ペアの数を誇ります。

 

ExnessXMAXIORYTitanFX
107種類57種類61種類70種類

 

XMの約2倍もの通貨ペアがトレード可能です。

取引可能な投資商品数が多いことは、トレーディング環境が整えられている、と換言できます。

取引可能な通貨ペアが多いことで、トレード機会が増え、機会損失がなくなります。

 

 

Exnessでスキャルピング|まとめ

Exnessは【低スプレッド/取引制限なし/高い約定力/豊富な商品数】と、スキャルピングに必要な要素が揃っています。

最も大切な『取引コストの安さ』は、低スプレッドブローカーの上を行く優位性があります。

 

AXIORY、TitanFXは、非常に狭いスプレッド設定で既に高い人気と知名度を獲得しています。

Exnessは2020年に日本語サポートを再開したブローカーなので、知名度は低いブローカーです。

しかし、AXIORY、TitanFX以上に狭いスプレッドを提供しています。

 

Exnessの最大レバレッジは2,000倍となっており、AXIORY、TitanFXよりも高いレバレッジでトレードしたい方にとっても、Exnessのトレーディング環境は魅力的です。

 

口座タイプも4種類の中からより自分に合う口座タイプを選択できます。

スタンダード口座は【1ドルから入金OK】という利用ハードルの低さです。

全てデモ口座を試すことも可能です。

 

今、スキャルピングで最も勝ちやすい海外FX業者はExnessです。

 

 

\ 1分で登録完了! 登録後はデモ利用可能/

 

 

Exnessのより詳細な情報はこちら

Exnessの評判/安全性【利用前の必読情報まとめ】エクスネスの評価
2008年に運営を開始し、2020年に日本語サポートを再開した海外FX業者『Exness(エクスネス)』の評判、安全性、評価についてまとめました。 Exnessの評判・安全性・総合評価を総まとめ Exne...

Exness公式サイト

 

 

 

 

完全無料のオリジナルコンテンツ
海外FX安全ガイドが作成/海外FX攻略ガイド

当サイト(海外FX安全ガイド)が独自作成
海外FX攻略ガイド
 
完全無料のオリジナルコンテンツ
海外FXビギナーの必読情報が盛り沢山
海外FXで勝つ為の必須知識
効率良く最短ルートで勝つ為の必読情報
海外FXを攻略する為の指南書