XMはスキャルピングに適さない【他社比較で見るスキャルピングに不向きな理由】

XMスキャルピング・スプレッド/取引コストを他社と徹底比較XM

・XMでスキャルピングってどうなの?
・XMでスキャルピングはあり?
・XMでスキャルピングは勝てる?

このような疑問をお持ちの方、XMでのスキャルピングトレードを検討中の方に読んでいただきたい記事です。

 

この記事の結論
① XMのスプレッドは、主要海外FX業者の中では広い
② XMは、スキャルピングする上で他社よりも優位性のある部分が少ない
③ XMはスキャルピングに適さない海外FX業者

 

本記事では、スキャルピングで最重要項目である取引コストについて、他の海外FX業者(GemForex,AXIORY,TitanFX,Exness)と徹底的に比較しています。

XMのスキャルピング可否や、取引コスト以外の優位性についてもまとめています。

 

 

XMのスキャルピング適正

XMのスキャルピング適正

 

海外FXでスキャルピングをするには、必要な要素が複数あります。

XMが『スキャルピングに必要な取引環境』を満たしているか、適正があるのかをまとめました。

 

XMはスキャルピング禁止ではない

海外FXでスキャルピングをする場合、そもそもその業者で『スキャルピング自体が禁止されていないか?』確認する必要があります。

しかし『明確にスキャルピングが禁止』されている海外FX業者は極僅かです。

XMでも、スキャルピングは禁止されていません。

【スキャルピング可否】については、クリアしています。

 

XMスキャルピング可否
↑XM公式サイト『よくある質問』より

XM公式サイト内のFAQでもスキャルピングを認めていることが明言されています。

XM公式サイトを確認する

 

 

スキャルピングに必要な取引環境

海外FXでスキャルピングする場合、以下の要素を満たす必要があります。

  • 透明性
  • 高い約定力
  • スプレッドの狭さ/取引コストの安さ

 

①の透明性について、公式サイト上では『NDD方式である旨』は明言されていません。

しかし【取引制限がない/ECN方式の口座がある】ことからNDD方式として良いと思います。

ただし、LP情報は一切開示されていません。

LPとは
『Liquidity Provider/リクイディティプロバイダー』の略。
マーケットに流動性を供給する金融機関や証券会社のこと。

 

②の約定力については、非常に高いです。

XMは【全注文の99.35%は1秒以内で約定】を公言していますが、実際に約定スピードが速く、サーバーも安定しています。

 

③のスプレッド、取引コストは、スキャルピングにおいて最も重要な要素です。

勝っているトレーダー、結果を出しているトレーダーは、自分のトレードスタイルに合った業者を選択しています。

スプレッド設定、取引コストは、業者によって最も差があるポイントであり、シンプルに数字で比較ができます。

スキャルピングトレーダーであれば【スプレッド以外の部分のサービス内容に大きな穴がない】という前提であれば、スプレッド、取引コストが安い業者を選択すべきです。

次項では、XMと他社と比較したデータを記載しています。

 

 

XMでスキャルピング|スプレッド比較(STP方式)

XMでスキャルピング|スプレッド比較(STP方式)

 

この項では、STP方式の『スプレッド』について比較しています。

XMのSTP方式の口座は【スタンダード口座/マイクロ口座】がありますが、両口座のスプレッド設定は共通です。

『スタンダード口座』のスプレッドとして記載しています。

 

XMのスタンダード口座のスプレッド設定が、他社と比較して優位性があるか否かを検証します。

 

GemForexと比較

日本人の口座開設数がXMに次ぐ2位の人気業者である『GemForex』のオールインワン口座と比較しました。

 

銘柄XM
スタンダード口座
GemForex
オールインワン口座
USD/JPY1.6pips1.4pips
EUR/USD1.7pips1.5pips
EUR/JPY2.3pips1.4pips
GBP/USD2.2pips2.2pips
GBP/JPY3.6pips1.8pips
AUD/USD1.8pips1.5pips
AUD/JPY3.3pips1.6pips
NZD/USD2.7pips1.8pips
NZD/JPY3.0pips2.1pips
USD/CAD2.2pips2.0pips
CAD/JPY3.4pips2.0pips
USD/CHF1.9pips1.9pips
CHF/JPY3.3pips2.1pips
EUR/GBP2.0pips1.4pips
EUR/AUD3.0pips2.3pips

 

ほぼ全通貨ペアで、XMのスプレッドの方が広いです。

特に、クロス円の通貨ペアは差が顕著です。

1pips以上の差がある通貨ペアもあります。

 

AXIORY,TitanFXと比較

低スプレッド業者として高い人気を得ている『AXIORY/TitanFX』のスタンダード口座と比較しました。

 

銘柄XM
スタンダード口座
AXIORY
スタンダード口座
TitanFX
スタンダード口座
USD/JPY1.6pips1.3pips1.33pips
EUR/USD1.7pips1.2pips1.2pips
EUR/JPY2.3pips1.3pips1.74pips
GBP/USD2.2pips1.6pips1.57pips
GBP/JPY3.6pips1.6pips2.45pips
AUD/USD1.8pips1.5pips1.52pips
AUD/JPY3.3pips1.8pips2.12pips
NZD/USD2.7pips1.8pips1.86pips
NZD/JPY3.0pips2.2pips2.62pips
USD/CAD2.2pips1.8pips1.55pips
CAD/JPY3.4pips1.8pips2.1pips
USD/CHF1.9pips1.7pips1.92pips
CHF/JPY3.3pips1.9pips2.31pips
EUR/GBP2.0pips1.3pips1.53pips
EUR/AUD3.0pips2.1pips2.75pips

 

全通貨ペアにおいて、AXIORY、TitanFXの方がスプレッドが狭くなっています。

『GBP/JPY』では、2pipsもの差があります。

 

Exnessと比較

スプレッドが最も狭い海外FX業者である『Exness』と比較しました。

Exnessは『スタンダード口座』と『プロ口座』がSTP方式の口座なので、併記しています。

 

銘柄XM
スタンダード口座
Exness
スタンダード口座
Exness
プロ口座
USD/JPY1.6pips1.1pips0.7pips
EUR/USD1.7pips1.0pips0.6pips
EUR/JPY2.3pips1.9pips1.2pips
GBP/USD2.2pips1.5pips0.9pips
GBP/JPY3.6pips2.0pips1.3pips
AUD/USD1.8pips1.5pips0.9pips
AUD/JPY3.3pips2.1pips1.3pips
NZD/USD2.7pips2.0pips1.2pips
NZD/JPY3.0pips2.9pips1.8pips
USD/CAD2.2pips2.2pips 1.4pips
CAD/JPY3.4pips2.4pips 1.5pips
USD/CHF1.9pips1.5pips0.9pips
CHF/JPY3.3pips1.7pips 1.1pips
EUR/GBP2.0pips1.6pips 1.0pips
EUR/AUD3.0pips2.3pips1.4pips

 

スタンダード口座同士の比較でも結構な差があります。

プロ口座と比較すると、多くの通貨ペアで「1pips」以上の開きがあり、『GBP/JPY』では「2.3pips」もの差があります。

XM公式サイトを確認する

 

 

XMでスキャルピング|取引コスト比較(ECN方式)

XMでスキャルピング|取引コスト比較(ECN方式)

 

XMには、ECN方式の口座として『XM Trading Zero口座(以下ゼロ口座)』があります。

XMの位置づけとしては【短期売買用口座/スキャルピング用口座】です。

ゼロ口座と他社のECN方式の口座の取引コストを比較しました。

 

『ECN方式って何?』という方はこちらの記事をご確認ください。

 

XMのゼロ口座の取引コストは【スプレッド+手数料】であり、手数料は[1ロットあたり10ドル]です。

 

AXIORY,TitanFXと比較

AXIORYのECN方式の口座である『ナノスプレッド口座』、TitanFXのECN方式の口座である『ブレード口座』と比較しました。

ナノスプレッド口座の手数料は1ロットあたり6ドル、ブレード口座の手数料は1ロットあたり7ドルです。

最も取引コストが安い数値を太字にしています。

 

銘柄XM
ゼロ口座
AXIORY
ナノスプレッド口座
TitanFX
ブレード口座
USD/JPY0.1pips+10ドル0.2pips+6ドル0.33pips+7ドル
1.1pips0.8pips1.03pips
EUR/USD0.1pips+10ドル0.1pips+6ドル0.2pips+7ドル
1.1pips0.7pips0.9pips
EUR/JPY0.4pips+10ドル0.3pips+6ドル0.74pips+7ドル
1.4pips0.9pips1.44pips
GBP/USD0.3pips+10ドル0.4pips+6ドル0.57pips+7ドル
1.3pips1.0pips1.27pips
GBP/JPY1.2pips+10ドル0.7pips+6ドル1.45pips+7ドル
2.2pips1.3pips2.15pips
AUD/USD 0.4pips+10ドル0.3pips+6ドル0.52pips+7ドル
1.4pips0.9pips1.22pips
AUD/JPY 1.2pips+10ドル0.6pips+6ドル1.12pips+7ドル
2.2pips1.2pips1.82pips
NZD/USD 1.0pips+10ドル0.7pips+6ドル0.86pips+7ドル
2.0pips1.3pips1.56pips
NZD/JPY 2.0pips+10ドル 0.8pips+6ドル1.62 pips+7ドル
3.0pips1.4pips 2.32pips
USD/CAD0.5pips+10ドル0.8pips+6ドル0.55 pips+7ドル
1.5pips1.4pips1.25pips
CAD/JPY 1.4pips+10ドル 1.7pips+6ドル1.1 pips+7ドル
2.4pips2.3pips1.8pips
USD/CHF 0.4pips+10ドル 0.4pips+6ドル0.92 pips+7ドル
1.4pips1.0pips1.62pips
CHF/JPY 1.1pips+10ドル 0.5pips+6ドル1.31 pips+7ドル
2.1pips1.1pips2.01pips
EUR/GBP 0.3pips+10ドル 0.5pips+6ドル0.53 pips+7ドル
1.3pips1.1pips1.23pips
EUR/AUD0.9pips+10ドル0.8pips+6ドル1.75 pips+7ドル
1.9 pips1.4pips2.45pips

 

AXIORYのナノスプレッド口座が最も取引コストが安い口座です。

XMが太字になっている通貨ペアはありません。

 

Exnessと比較

Exnessには、『スプレッド+手数料』の口座として『ロースプレッド口座』と『ゼロ口座』があります。

どちらも手数料は変動制です。

ロースプレッド口座は[1ロットあたり最大で7ドル]、ゼロ口座は[1ロットあたり7ドル以上]です。

最も取引コストが安い数値を太字にしています。

 

銘柄XM
ゼロ口座
Exness
ロースプレッド口座
Exness
ゼロ口座
USD/JPY0.1pips+10ドル0+7ドル0+7ドル
1.1pips0.7pips0.7pips
EUR/USD0.1pips+10ドル0+7ドル0+7ドル
1.1pips0.7pips0.7pips
EUR/JPY0.4pips+10ドル0.4pips+7ドル0.1pips+10ドル
1.4pips1.1pips1.1pips
GBP/USD0.3pips+10ドル0.2pips+7ドル0.1pips+9ドル
1.3pips0.9pips1.0pips
GBP/JPY1.2pips+10ドル0.5pips+7ドル0+15ドル
2.2pips1.2pips1.5pips
AUD/USD 0.4pips+10ドル0.3pips+7ドル0+10ドル
1.4pips 1.0pips1.0pips
AUD/JPY 1.2pips+10ドル0.5pips+7ドル0.3pips+9ドル
2.2pips 1.2pips1.2pips
NZD/USD 1.0pips+10ドル0.5pips+7ドル0+13ドル
2.0pips 1.2pips1.3pips
NZD/JPY 2.0pips+10ドル0.9pips+7ドル0.1pips+15ドル
3.0pips 1.6pips1.6pips
USD/CAD0.5pips+10ドル0.5pips+7ドル0.1pips+10ドル
1.5pips1.2pips1.1pips
CAD/JPY 1.4pips+10ドル0.7pips+7ドル0.3pips+10ドル
2.4pips1.4pips1.3pips
USD/CHF 0.4pips+10ドル0.3pips+7ドル0.1pips+9ドル
1.4pips1.0pips1.0pips
CHF/JPY 1.1pips+10ドル0.4pips+7ドル0+10ドル
2.1pips1.1pips1.0pips
EUR/GBP 0.3pips+10ドル0.4pips+7ドル0+18ドル
1.3pips1.1pips1.8pips
EUR/AUD0.9pips+10ドル0.5pips+7ドル0+11ドル
1.9 pips1.2pips1.1pips

 

XMが太字になっている通貨ペアはありません。

 

前項、本項の結果から、【XMにはスプレッド、取引コストによる優位性はない】という結論です。

XM公式サイトを確認する

 

 

XMでスキャルピング|スプレッドの狭さの優位性

XMでスキャルピング|スプレッドの狭さの優位性

 

前項の比較でわかるように、XMは、スキャルピングにおいて最重要項目である『スプレッド/取引コスト』に優位性がありません。

【XMはボーナスが使える/XMPが使える】という、スプレッド以外の部分で優位性があるのでは?という指摘もあると思います。

しかし、入金ボーナス分の優位性は、スプレッドが狭いことで簡単に覆されます。

 

入金ボーナスが使えるXMスタンダード口座で検証します。

XMスタンダード口座と、AXIORYスタンダード口座の『GBP/JPY』のスプレッド差は『2.0pips』です。

1ロットの取引1回で2,000円の差額が発生します。

XMの入金100%ボーナス(上限額500ドル)をわかりやく5万円として、1ロット、3ロット、10ロットのトレードをした場合『何回のトレードで5万円の差額が発生するか』をまとめました。

 

ロット数1ロット3ロット10ロット
取引回数25回9回3回

 

スキャルピングトレーダーの方は、1日20回以上の取引回数は決して珍しくありません。

1ロット以上のロット数で取引する方も珍しくありません。

1ロットのトレードでも25回取引をすると、スプレッド差による差額が5万円以上になります。

 

つまり、入金ボーナスを貰うよりも、狭いスプレッドのトレーディング環境の優位性が上回る取引回数です。

3ロットのトレードであれば、9回のトレードで5万円以上の差額が発生します。

この時点で、XMで入金ボーナスを貰うよりも、AXIORYでトレードした方が得していることになります。

 

入金ボーナスは、使い切ったら終わりですが、狭いスプレッドのトレーディング環境は使い続けることができます。

『スプレッドが狭いこと』は入金ボーナス以上の優位性があります。

 

ゼロ口座は、スタンダード口座ほど取引コストに差がありませんが、ゼロ口座は入金ボーナスが利用できません。

 

XMには、他社にないサービスとして『ロイヤリティプログラム(XMP)』があります。

ロイヤリティプログラムも、ゼロ口座では利用できません。

 

XMPは、取引毎のキャッシュバックに近いサービスです。

『実質的にスプレッドが縮小されるサービス』と捉えることもできます。

 

しかし、【実質的に】という部分が重要で、ボーナスとして還元されるのは以下のような方々のみです。

①継続的にXMを利用し続ける方
②「損失>利益」という方
③こまめに出金する方

 

XMP(ボーナス)は、XMでしか使えません。

利益を出せるスキルを持てば、入金ボーナスは必要ありません。

出金後に、XMPを利用して入金することなくトレードできる点は利点ではあります。

 

『実質的スプレッドの縮小』ではなく、『元からスプレッドが狭い』業者を選択すれば、上記のような縛りなく、シンプルにスプレッドが狭いことによる恩恵を得られます。

 

【トレード毎に発生するキャッシュバック】は、「キャッシュバックが欲しいからトレードでする」というメンタルになる方もいます。

キャッシュバックよりも、『トレードでの利益』の方が何倍も稼げますし、本質的です。

「XMPが貰えるからトレードする」という思考がちょっとでもトレード時に頭によぎる方は、トレード判断に悪影響を及ぼしているかもしれません。

 

XMにはスプレッド面での優位性はない
 XMのスプレッドは他社より広く、取引コストは他社より高い
 入金ボーナスよりも『狭いスプレッドの取引環境』の方が中長期的には得
 ゼロ口座は入金ボーナス、XMPが利用できない

 

 

 

まとめ|XMはスキャルピングに適さない

まとめ|XMはスキャルピングに適さない

 

結論として、XMはスキャルピングには適していません。

XMの最大の弱みは『スプレッドが広いこと/取引コストが高いこと』です。

取引回数の多い方、取引ロット数の大きいトレーダーの方は、XMの取引環境と相性が悪く、収支が伸び悩んでいる原因にすらなります。

 

「じゃあ、何でXMってこんなに人気なの?」という方も居ると思いますが、以下のようなトレーダーの方は、XMの取引環境と相性が良く、需要があります。

XMの取引環境と相性が良い
 取引回数が少ない方
 取引ロット数が小さい方
 為替以外の取引中心の方

 信頼性、安全性を重視する方

 

XMのデメリットを最も抑えられるのは、『取引回数が少なく、ロット数が小さい』方です。

XMは、為替のスプレッドは広いのですが、為替以外の投資商品は、狭めに設定されています。

また、為替のスプレッドについては、取引量が世界で最も多い[EUR/USD]取引量2位の[USD/JPY]であれば、そこまで大きな差はありません。

この2つの通貨ペアを中心にトレードする方であれば、デメリットは小さいです。

 

XMの強みは『運営歴による安全性の高さ』と『運営母体が高信頼性ライセンスを複数所有している』ことです。

取引コストよりも、業者の信頼性、安全性を重視する方にとっては、利用価値の高いブローカーです。

上記のような方々は、XMの取引環境を利用することに向いています。

 

しかし、取引回数はトレードスタイルに依りますが、利益が上げられるようになってくると、必然的にロット数が上がります。

ロット数が上がってきたら、スプレッドの狭い業者への移行を検討しましょう。

 

記事内で比較したAXIORY、TitanFX、Exnessは、スキャルピングに適した海外FX業者です。

スプレッド、取引コスト面での優位性は記事内の表の通りですが、その他の点においても優位性があります。

AXIORYTitanFXExness
取引制限なし
スキャルピング可を明言
なし
スキャルピング可を明言
なし
スキャルピング可を明言
透明性
NDD方式明言

LP情報開示
約定力

 

スキャルピングトレーダーが取引環境を整えることは、トレードで勝ちたいのであれば必須の行動です。

スプレッドが狭い業者を選択すること、取引コストが安い業者を選択することは利益を上げる為には最低限やらなければならないことの一つです。

 

XMは安全性の高い優良ブローカーですが、XMよりも取引コストが安い優良ブローカーも複数あります。

あなたにとって最も勝ちやすいブローカーを選択していただければ幸いです。

 

XMというブローカーについてのスキャルピング適正以外の部分については、こちらの記事にまとめてあります。

XMの評判/安全性【利用前の必読情報まとめ】エックスエムの評価
日本語対応している海外FX業者の中で、最も日本人に利用されている海外FX業者である『XM Trading(以下XM)』の評判、安全性、評価についてまとめました。 XMの評判・安全性・総合評価を総まとめ XMは、2...

XM公式サイトを確認する

 

 

 

 

完全無料のオリジナルコンテンツ
海外FX安全ガイドが作成/海外FX攻略ガイド

当サイト(海外FX安全ガイド)が独自作成
海外FX攻略ガイド
 
完全無料のオリジナルコンテンツ
海外FXビギナーの必読情報が盛り沢山
海外FXで勝つ為の必須知識
効率良く最短ルートで勝つ為の必読情報
海外FXを攻略する為の指南書