【XMのゼロ口座】特徴と活かし方【注意点と追加方法】

XMゼロ口座の特徴・活かし方XM

XMでは、3種類の口座タイプから選択可能です。

本記事では『XMTrading Zero口座(以下ゼロ口座)』の特徴をまとめました。

ゼロ口座はスキャルピングトレーダー向けの口座スペックです。

ゼロ口座の特徴、スタンダード口座との違い、メリットとデメリット、注意点を知りたい方に読んでいただきたい記事です。

 

 

XMのゼロ口座のスペック

XMゼロ口座のスペック

 

XMの口座は『スタンダード口座』『ゼロ口座』『マイクロ口座』の3種類です。

ゼロ口座は【短期売買向けの口座】という位置づけです。

 

ゼロ口座のスペックを一覧表にまとめました。

▽ゼロ口座のスペック一覧表

最大レバレッジ500倍
ロスカット水準20%
ゼロカットシステム有り
ボーナス口座開設ボーナスのみ利用可
1ロットのサイズ10,000通貨
最小発注サイズ0.01
最大発注サイズ50ロット(500万通貨)
ポジション上限200
両建て
スキャルピング
EA使用
最小入金額100ドル
プラットフォームMT4|MT5

 

 

XMのゼロ口座の特徴

XMゼロ口座の特徴

 

ゼロ口座の大きな特徴は、ECN方式の口座という点です。

スタンダード口座、マイクロ口座はSTP方式ですが、ゼロ口座はECN方式です。

その為、取引コストは【スプレッド+手数料】となります。

 

取引コストはスタンダード口座よりも安くなっており、値動きの透明性も高いことからスキャルピングトレーダー向けの口座となっています。

 

STP方式、ECN方式について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご確認ください。

 

 

ゼロ口座とスタンダード口座の共通点まとめ

ゼロ口座とスタンダード口座の共通点を以下にまとめました。

スタンダード口座との共通点
 ロスカット水準
ゼロカットシステムあり
スワップポイント
1ロットのサイズ
プラットフォーム
両建て可
 EA仕様可

 

ロスカット水準20%の設定値や、ポジションを持ち越した際に発生するスワップポイントは共通です。

 

ゼロ口座とスタンダード口座の相違点

マイクロ口座とスタンダード口座の相違点は以下の通りです。

スタンダード口座との相違点
 最大レバレッジ
約定方式+取引コスト体系
ボーナスは口座開設ボーナスのみ利用可
入金ボーナス/ロイヤリティプログラムは適用外
投資商品数
最低入金額は100ドルから

 

約定方式の違いに伴い、取引コスト体系が異なるのが大きな違いです。

最大レバレッジは500倍に抑えられます。

入金ボーナスも対象外です。

トレードに慣れた中級者~上級者向けの取引環境です。

投資商品は『為替/ゴールド、シルバー』のみに限られ、エネルギー、株価指数、コモディティはトレードできません。

 

 

XMのゼロ口座のメリット/デメリット

XMゼロ口座のメリットとデメリット

 

ゼロ口座のメリットとデメリットをまとめました。

 

ゼロ口座のメリット

ゼロ口座の最大のメリットは、取引コストの安さです。

ゼロ口座は【スプレッド+手数料】の取引コスト体系で、手数料は『1ロットあたり往復で10ドル』となっています。

XMのスタンダード口座との取引コストの差を一覧表にまとめました。

ゼロ口座は『1ドル=0.1pips』として、合計取引コストの概算値を下段に記載しています。

 

通貨ペアスタンダード口座ゼロ口座
USD/JPY1.6pips0.1+10ドル
1.1pips
EUR/USD1.7pips0.1+10ドル
1.1pips
EUR/JPY2.3pips0.4+10ドル
1.4pips
GBP/USD2.2pips0.3+10ドル
1.3pips
GBP/JPY3.6pips1.2+10ドル
2.2pips
AUD/USD1.6pips0.4+10ドル
1.4pips
AUD/JPY3.2pips1.2+10ドル
2.2pips
NZD/USD2.7pips1.0+10ドル
2.0pips
NZD/JPY3.0pips2.0+10ドル
3.0pips

 

スタンダード口座よりも、取引コストは安いです。

『GBP/JPY』や『AUD/JPY』は1pips以上コストが安くなります。

 

 

ゼロ口座のデメリット

最大レバレッジが500倍に抑えられている点、入金ボーナスが利用できない点、最低入金額が100ドルと、スタンダード口座よりも利用ハードルが高い点がデメリットです。

また、取引可能商品が、為替、ゴールド、シルバーのみに限られる点もデメリットです。

 

 

XMのゼロ口座利用時の注意点

XMゼロ口座利用時の注意点

 

ゼロ口座利用時の注意点をまとめました。

 

シンボルが異なる

MT4/MT5で、注文を発注する際の通貨ペアの【シンボル】がスタンダード口座とは異なります。

『USDJPY.』のように【.】が付いた通貨ペアを追加する必要があります。

 

 

レバレッジ制限

アカウント内の残高によって、最大レバレッジが制限されます。

 $20,000以下⇒500倍
$20,001 – $100,000⇒200倍
$100,001以上⇒100倍

 

アカウント内残高に応じてレバレッジ制限がかかる点は、スタンダード口座と共通です。

 

 

XMのゼロ口座追加方法

XMゼロ口座の開設方法と追加方法

 

ゼロ口座を、新規で口座開設する方法と口座追加する方法をまとめました。

 

新規で口座を開く場合

XM公式サイトトップページ⇒口座を開設する
から開設できます。

下の入力画面にて、『ゼロ口座』を選択しましょう。

 

XMゼロ口座の開設方法

 

以降は、スタンダード口座と共通の手順です。

登録画面の情報を全て入力し、【顔写真付きのIDと住所証明書】をアップロードすれば完了です。

XM公式サイト

 

 

口座を追加する場合

既に、XMの口座を持っている場合は、簡単にゼロ口座を追加することができます。

マイページにログイン⇒追加口座を開設する
に進みます。

下の画像の画面にて、ゼロ口座を選択しましょう。

 

XMゼロ口座の追加方法

 

『パスワード』は、MT4orMT5にログインする際のパスワードです。

XMでは、1人8口座まで開設可能です。

XM公式サイト

 

 

まとめ|XMのゼロ口座の活かし方

XMゼロ口座・まとめ

 

ゼロ口座は、スタンダード口座、マイクロ口座と比較すると、取引コストが安いことが最大の特徴です。

取引コストの安さを最も活かせるのは【取引回数の多いトレーダー/取引ロット数の大きいトレーダー】の方です。

 

以下のようなトレーダーの方は、ゼロ口座の利用に向いています。

ゼロ口座利用に適しているトレーダー
取引回数が多いスキャルピングトレーダー
ロット数が大きいトレーダー
レバレッジ500倍でも利益を出せるトレーダー
為替/貴金属中心で取引しているトレーダー

 

 

ゼロ口座は、入金ボーナスは使えませんが、スプレッドの狭さで還元されています。

スプレッドが狭いことは、全てのトレーダーにとって利がありますが、スキャルピングトレーダーが最も活かせます。

スプレッドは、取引回数のロット数に比例します。

ロット数の大きいトレーダーにとっても、恩恵は大きいです。

 

ゼロ口座の活かし方
 スキャルピング
 大きいロット数でのトレード

 

ECN方式の口座は、約定方式の仕組み上、値動きの透明性が担保される点も良い点です。

ゼロ口座は、為替、貴金属以外の取引ができないので、株価指数の取引もしたい場合は【スタンダード口座と併用】する形になります。

ECN方式の口座は、最低入金額が高額に設定されている業者が多いです。

XMのゼロ口座は、100ドルから利用できるので、試しやすいECN方式の口座です。

XM公式サイト

 

 

XMの口座タイプ以外の情報、評判や安全性、総合評価についてはこちら

XMの評判/安全性【利用前の必読情報まとめ】エックスエムの評価
日本語対応している海外FX業者の中で、最も日本人に利用されている海外FX業者である『XM Trading(以下XM)』の評判、安全性、評価についてまとめました。 XMの評判・安全性・総合評価を総まとめ XMは、2...

 

 

 

 

完全無料のオリジナルコンテンツ
海外FX安全ガイドが作成/海外FX攻略ガイド

当サイト(海外FX安全ガイド)が独自作成
海外FX攻略ガイド
 
完全無料のオリジナルコンテンツ
海外FXビギナーの必読情報が盛り沢山
海外FXで勝つ為の必須知識
効率良く最短ルートで勝つ為の必読情報
海外FXを攻略する為の指南書